• Coco

セリ科のハーブ

最終更新: 5月20日

ガルバナム(Ferula galbaniflua)だけでなく、私はセリ科の植物が一貫して好きなことが最近わかってきました。




例えばアニス(Pimpinella anisum


私はアニスの甘さのある香りが大好き。ビスケットやキャンディーもアニス味と聞くと試してみたくなります。

Ouzo(ウゾ)やPerno(ペルノ)といったアニスの香りのするハーブ酒も大好きです。




キャラウェイ(Carum carvi)やコリアンダー(Coriandrum sativum)は、アロマテラピー(精油)としては使ったことはありませんが、ウォッシュチーズにかけたり、スパイスナッツ作りに使用したりと、我が家では欠かせないハーブとしていつもストックしています。



それと、外せないのがフェンネル(Valgra dulce)!

フェンネルサラダが大好物と言っても過言ではありません。





アーユルヴェーダ的に捉えると、これらのハーブは共通して駆風作用や活性化作用があるようで、ヴァータを低下させバランスを取る効果があるようです。


ということで、セリ科の植物とは本能的に気が合っているのかな、と思っています。



ヴァータのバランスをとる食事には甘みと温かみ(質感としては、油分がありしっとり)のある食事が良いとされますが、まさにセリ科のハーブは理にかなったチョイスだと言えると思います。




今、一番気になっているのはキャロットシード(Daucus carota)。

これのチンキを作るべく、上質なキャロットシードは何処で手に入るのか、目下リサーチ中です。





SUBSCRIBE VIA EMAIL

© 2020 by EXY CO., LTD ALL RIGHTS RESERVED