• Coco

スロヴェニアでのチーズ

出張で初めてスロヴェニア🇸🇮へ訪れました。


朝食会場のチーズプラトーです。

カボチャの種(パンプキンシード)が名産とのことで、デコレーションにもふんだんに使われていました。


チーズはセミハード系が普段からよく親しまれているようで、ミルクと心地よい酸味、そしてうま味をしっかりと感じられるチーズにたくさん出会いました。


チーズショップの方にお話を伺ったところ、混乳はあまりポピュラーではないそうですが、牛乳・羊乳・山羊乳とそれぞれに幅広く親しまれているとのことです。





また、リコッタチーズをお料理にふんだんに使用するということもわかりました。


「チーズダンプリング(お団子、という意味ですが、モチモチとしたラザニア生地のような薄いパスタとリコッタチーズを層にしたもの)」というものが国民食のようです。


このチーズダンプリングを、そのまま茹でて(蒸して?)お肉料理の付け合わせにしたり、揚げ焼きにして「チーズパイ」と呼んだり、クリームソースのお料理にパスタ感覚のメインディッシュとしたりと様々なお料理として楽しまれていることがとても印象深かったです。



こちらがクリームソースでいただくお料理でした。


また、スロヴェニアのイストラ半島はクロアチアと合わせトリュフの名産地として有名ですが、クリームソースのお料理で「イストラ風」と名のつくものはトリュフがふんだんに使われていて、とても美味しかったです!


もちろんトリュフ入りチーズもありましたが、、、風味素晴らしく絶品!でした。



スロヴェニアの実力に驚きました!

SUBSCRIBE VIA EMAIL

© 2020 by EXY CO., LTD ALL RIGHTS RESERVED