• Coco

スピリタスを使ってリキュールづくり

アロマテラピーをライフワークにしているので、普段からスピリタス(ポーランド産のアルコール度数96度のウォッカ)をストックしクラフト作りなどに活用しています。


先日、スピリタスを使用していちごリキュールを作ってみました。


購入したスピリタスについてきたレシピを参考にして作りました。



【レシピA】

いちご   200g

スピリタス 195cc

お水     60cc

バニラビーンズ(レシピよりかなり多めに・・・3cmほど)


上記を3週間ほど漬け込みました!



漬け込んでから、さらにシロップ水やクエン酸で割って、アルコール度数を調整して完成です。


【レシピB】

シロップ水 (砂糖100g + お水 100cc)

スピリタス  55cc

クエン酸    5g

お水     325cc



漬け込んだいちごは、こんな感じに・・・




色が抜けてミイラ状態!



この後、お砂糖を加え、煮詰めてこちらのいちごはジャムにしました。




ジャムもリキュールも、一緒に漬け込んだバニラビーンズのおかげで、バニラの香りがふんわり香ってとっても美味しく出来ました!



バニラって、甘くて優しく、癒される香りですよね。






精油ではないので参考ですが・・・バニラの香りには鎮静作用やリラックス作用の他にも、強壮作用などもあるようです。



アロマテラピーでは、ベンゾインとして使用されますね。



私は甘さにスパイシーさが加わった香りが好きなので、よくパチュリ(Pogostemon patchouliやサンダルウッド(Santalum album、フランキンセンス(Boswellia carteriiと調香することが多いです。



朝〜日中向けにはベルガモット(Citrus bergamiaやスイートオレンジ(Citrus sinensis)にプラスしたり・・・

(光毒性があるため、芳香浴で楽しまれると良いかと思います)


夜向けにはイランイラン(Cananga odorataやクロモジ(Lindera umbellata)を合わせるピロースプレーもよく使うアコードの一つです。




アーユルヴェーダ的には、ヴァータとピッタのバランスを取る香りだそう。


そわそわ、イライラ、興奮・・・そんな時に寄り添ってくれるバニラの香りでぜひ癒されてみてはいかがでしょうか。

SUBSCRIBE VIA EMAIL

© 2020 by EXY CO., LTD ALL RIGHTS RESERVED