• Coco

アーユルヴェーダ×ワイン Vol.2 ピッタ

アーユルヴェーダとワインについての考察、今回はピッタタイプの深掘りをしてみたいと思います!



☆ピッタ(火・水)タイプ☆ 

キーワード:熱・鋭・軽 ⇒ 情熱的で行動的、チャレンジ精神あふれる”火”タイプ 

バランスをとる食事:甘・苦・渋 

◎おすすめワインタイプの考察  

果実味と同時にタンニンを感じるワイン

成熟度が高く、コクを感じるワイン

◉考察から捉えるワインのタイプとチーズのマリアージュ

1)果実味と同時にタンニンを感じるワイン

果実味 は 甘味、タンニン は苦味のラサです。

果実味とタンニンを感じるワイン=骨格のあるワインといえますね。

カベルネ・ソーヴィニヨン は骨格のあるワインの分かりやすい例と言えると思います。

大変人気のある品種なので、ご存知の方も多いと思います。

お肉料理によく合わせられるワインですね。


熟成が進んだミモレットやパルミジャーノ・レッジァーノのようなハード・セミハードタイプのチーズをかち割りや角切りにして、頂くなんていいかもしれません。






2)成熟度が高く、コクを感じるワイン

まず、ベースとして。

ワインでは、「コク」= 苦味 と捉えます。

コクを感じる苦味 = アルコール度の高さにも繋がります。

アメリカや南米、イタリアなどのぶどうは糖度が高い(=成熟度が高い)ので、アルコール度も上がりやすく、コクが出ることが特徴です。 メルローなどの赤ワインだけでなく、シャルドネやピノ・グリのような白ワインもしかりです。

こういったワインにも、上記のような味わいがしっかりしてクセの穏やかなチーズが合わせやすいと思います。


白カビチーズでも、殺菌乳で作られたタイプやクリームを添加したクリーミーなタイプ、それにプロセスチーズもクセがなく頂きやすいと思います。

お値段も手頃で合わせやすいのではないでしょうか。


そのままカットしてクラッカーやバゲットと合わせたり、少し加熱してとろりとしたところを野菜にディップしても良いですね。



ピッタタイプは「軽さ」を意識した食がドーシャバランスを取るので、上記のような口当たりも食べ応えも軽いお料理はぴったりです。




SUBSCRIBE VIA EMAIL

© 2020 by EXY CO., LTD ALL RIGHTS RESERVED